占い・鑑定のQuantum Mind 第三の眼 代々木店

第三の眼の概要とサービス

業務概要

Qunatum Mind 第三の眼では、
占い鑑定をご希望のお客様には、クオリティーの高い占いを
占いを学びたい方には、充実した内容の講座とコミュニティーを
プロの占い師の皆様には、占いにかかわる様々なお仕事を
ご提供しています。



店舗概要

店舗名
Quantum Mind 第三の眼 代々木店
代表者名
松村 潔
所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-12-102
営業時間
12:00-21:30(不定休)

対面鑑定

Qunatum Mind 第三の眼では、各時間を担当している占い師はひとりだけ。
落ちつける空間で、松村潔プロデュースの占いのプロフェッショナルが
あなたの人生をサポートするため、スタンバイしております。

ご予約は、各占い師が直接承っております。
各占い師のプロフィールページに掲載されている
メールアドレスか予約フォームより、前日までにお願いいたします。

もちろん当日、気が向かれたときにご来店いただいてもかまいません。

もし占い師が鑑定中でしたら、店内にお声をかけてください。
お待ちいただく時間の目安をお知らせいたします。

どうぞ、お気軽にお立ち寄りくださいませ。



対面鑑定


占い講座

代々木店では、少人数制でじっくり学べる、占いやスピリチュアル講座を開催している他
世界中どこに住んでいても学べるオンラインセミナーもご提供しております。

占いの技術は短期間では身につかないもの。
リーズナブルな料金で長期的に継続して学んでいただける講座が中心です。

講座というよりは研究会に近い形式。
少人数制を活かした活発な議論が展開されるのが特徴。

初心者から、占いのプロまで、さまざまなニーズにおこたえする
質の高い、価値ある講座を企画しています。



各種講座


占い原稿執筆・占いサイト企画

占いサイトや雑誌等で活躍中の占いライターが多数、在籍しております。
占いサイト企画のご相談も承ります。



イベントへの占い師派遣

イベントやパーティに実力のある占い師を派遣いたします。
ご予算に応じて、プランをご提案いたします。



「第三の眼」という名前の由来(全文)


第三の眼について

当店代表の松村潔は、代々木の店舗を見たとき
「タロット占いをするのにピッタリ」と感じたそうです。

小さいけれども、ふたりで向かい合うには十分なスペース。
ひとり座っていると瞑想状態に誘われる異次元空間。

Quantum Mind 第三の眼は2007年夏、代々木でスタートしました。


・・・・松村潔による「第三の眼」という名前の由来の説明

代々木の物件を見た時に、
その場所は、ステーキハウスと、野菜屋さんの間にはさまれていたのです。
なので、動物と、植物の間としての、虫のことを思い出しました。
これは「生命の階段」としての、振動の序列です。

絶対
大天使
小天使

哺乳動物

植物
鉱物
金属
無限

という階層です。
タロットカードなどの絵柄には、まだこうした古代的な序列の名残があります。

脳の中で、脳幹、つまりジュラシックコードがある場所の中に
第三の眼と言われた、松果体が埋もれています。
わたしはこの部位を、「虫の脳」と呼ぶことが多いです。
脳を、虫、羊、人という三つに分けると、
これは新プラトン主義でもあり、また脳の基本的な枠組みともなります。

虫の脳の中にある松果体は生体の中のタイマーのようなもので、
デカルトは、ここにホムンクルスのようなものが潜んでいると考えました。
松果体は、自然界のリズムに同調する性質があり、
結局占星術のタイミングなども、ここで受信するのだとわたしは考えます。
第三の眼というと超能力を思い浮かべる人がいますが、
それはあまり重要ではないのではないかと思います。
記録装置が発達してから、わたしたちは記憶する力を失ったように、
時計が開発されてから、わたしたちは松果体を使う必要性もなくなりました。
しかしあらためて現代的に、その働きを取り戻す必要もあるでしょう。
同調装置であり、それを失うことで、
わたしたちは、自然界との呼応ができにくくなるからです。
失うことで、むしろわたしたちはより深く、
この社会の機構に依存することにもなります。


・・・第三の眼のお話は、もっともっと続きます。




第三の眼という名前の由来(全文)
戻る  Topへ